スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
NTSC製作。
091101-1.jpg
ついカッとなって・・・。
元来凝り性なので、機材は大好きです。
ストーブも*SPのガソリン&ガス、スベアにトランギアと一通り持ってますが
なかでもアルコールストーブであるトランギアは、音も静かで軽量
低温にも強くプレヒート要らず。調理もせずお湯を沸かす程度のソロハイクならば
必要最低限でベストなのではと思います。
ただ、風に再弱で火力の弱さでしょうか。
これに対するメーカーの答えが『ストームクッカー』でしょう。

cookerinfo_1.jpg ←メーカーHPより。

要するに風を遮断し、煙突効果『チムニー効果』により熱を最大限に使う。
実際、すばらしい商品ですが、いかんせん大きく重く、コストも高い。

で、ならば自作しようと思い立ったのが、つかってなかった1対のシェラカップ。
気がついたら・・・・
091101-2.jpg
もう戻れない~
091101-3.jpg
ステンは硬い~
091101-4.jpg
あああ~
091101-5.jpg
完成!で、簡易ゴトクを載せて燃焼実験。
フム、まあまあか・・。
091101-6.jpg
なんかイマイチ。
おそらく酸欠なんだろう。で、
091101-7.jpg
ステンの針金で簡易ゴトク製作。
091101-8.jpg
おお、明らかにパワーアップ!
で、さらに構想を練る練る・・・
091101-9.jpg
妄想中・・・。
091101-10.jpg
図面に起してアルミ板で仮製作。
091101-11.jpg
コー○ンのステンステーを入手。
でカット。
091101-12.jpg
おお、それっぽい。
091101-13.jpg
いいんぢゃな~い♪
091101-14.jpg
ボールワイヤー付けて脱着消火しやすくしました。
で、燃焼実験。パワーがありすぎる。
実際、ステーなんかはチタン製の既製品があったりするが、そこはホレ、まあ良いとして。

さすがに重量はあるが強度的にも無問題、燃費は悪くなったが燃焼実験もうまく行き
実用レベルです。

命名・・・なんちゃってストームクッカー略して『NTSC』←なんか信号線のようだが・・・

ちなみにこの時(ガレージ20℃、無風)の燃費は60cc/15分、1.5Lの湯が沸きました。
しかし、ポンポン山実践投入では風もあり気温も25℃で60cc/10分弱、ギリギリ
カップ麺とコーヒーが飲めました。次回からは予備燃料を持参します。

世間ではアルコールストーブ自体を自作される方もおられますが、とりあえず
そこまではしないつもり。いや、マジで。多分・・・。




ま、すべては自己マンなんですけどね。(^_^.)
[2009/11/01 00:11 ] | ヤマ gear | コメント(0)
<<Solid-Stove | ホーム | ポンポン山ハイク。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。