スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
二上山ハイク。
091206-1.jpg
黄色の絨毯でした。
今日はソロで近場の二上山に登る予定でしたが、あだちさんがハイカットを入手したため
急遽、その靴おろしも兼ねて2人でWVC活動してきました。

待ち合わせは道の駅『ふたかみパーク當麻』。
0900出発予定でしたが、0805には現着。すでにあだちさんも到着されてました。(^_^.)
そそくさと用意して0820出発。今回は雄岳から雌岳の反時計回りループコースです。
道の駅から右手方向、加守神社に歩き出すと、神社の左横から登山口が始まります。
雄岳までは特に展望も無く、だらだらと高度を稼いで行きます。
091206-2.jpg
雄岳山頂(517m)にある神社。

0900、あまり感動も無く雄岳山頂である神社に到着。
前後のグループもまさかあれが山頂とは思わなかったようで悩んでいました。(^_^.)
何も無いのでさしんを撮ったらすぐに退散。雌岳に向かいます。
少し下って行くと、脇の険しそうな岩場から登山客が降りてこられたので伺うと
雄岳をパスして雌岳に向かうルートからこられたようで、そちらがメジャーのようです。

コースどおりに下って行き、0920に馬の背に到着。茶店はまだ営業していませんでしたので
そのまま雌岳山頂へ最後の登り。そこは雄岳とは違い広々とした公園のような場所でした。
091206-3.jpg
雌岳山頂(474m)にある日時計。結構正確らしいが日が照ってなかったので不明。
晴れておれば展望はすばらしく、360度見渡せるようでした。今回は快晴とは行かず若干の曇りで
風が吹いておりましたので小休止の後、早々に下山することにしました。
馬の背まで戻ると丁度1000、茶店がオープンしたようなので2人でぜんざいと言う名のしるこを頂きました。
091206-4.jpg
@300円。 もちは大きく美味、あずきは少なめ。
でもウマー。(^◇^)

ここにはトイレもありますので用を足して、岩屋から祐泉寺に下っていくルートをとります。
このルートは場所場所で岩場に苔むしていて滑りますがおおむね快適なルートです。
途中一箇所、銀杏の葉の黄色い絨毯がすばらしかった。(TOPのさしん。)
あとは延々下って道の駅に戻るのですが、途中の住宅街で迷ってしまい
もう一度登山口に戻る羽目に。(あだちさんすんません。)
091206-5.jpg
傘堂。ポックリ逝けるらしい。
その理由であるこの傘堂は、どうしても見たかったのでずいぶん余計に歩くことに。
で、1200無事駐車場に下山して道の駅で今晩の鍋材料を仕入れて帰りました。

たった3時間程度のハイクで少しもの足りませんでしたが、それなりに楽しめる山でした。
次回はもう少し登り応えのあるコースにしましょう。(^◇^)

ああ、私もハイカットが欲しい・・・。

[2009/12/06 14:41 ] | WVC | コメント(3)
<<ARAI Single Zelt | ホーム | まったり休日。>>
コメント
お疲れ様でした。
どちらから登っても結構な傾斜だったようですね。

また行きましょう!
[2009/12/08 06:36]| URL | あだち #JZ2AL5Xs [ 編集 ]
かなりメジャーなハイキングコースなので、23さんにはちょっと物足りなかったと思います。
またご一緒しましょう。(^◇^)

アイゼン、いただけるものなら頂きたいです。(^◇^)
[2009/12/06 16:52]| URL | び #x6YPk.I. [ 編集 ]
おつかれさん。
次回参加します。

ベランダの物置を整理してたらSNOWPEAKのTrek-6という軽アイゼンが出てきました。使った記憶が無いくらい綺麗です。よかったら差し上げます。
参考画像
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d98765114#enlargeimg
[2009/12/06 16:44]| URL | 23さん #D2os1cdk [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。