スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
伊吹山ハイク。
100214-1.jpg
キツかった。
伊吹山冬道にチャレンジしてきました。
今日は風も無く穏やかでした。
100214-2.jpg
分かりづらいですが、8~9合目の急登。
山頂に向かって虫のようにみんな直登です。(^_^.)
100214-3.jpg
実際登ったらこんな感じ。
100214-4.jpg
伝わらないかもしれませんが、こんな傾斜角度です。(^◇^)
100214-5.jpg
その代わり、山頂は360度の大パノラマ。絵画のような山々でした。
100214-6.jpg
琵琶湖方面の展望もすばらしい。
伊吹山スキー場も近隣と同じく採算が合わず閉鎖されていて、3合目まで行くゴンドラも
ずっと運休中。分かっていたけどキツかった。
6合目の非難小屋までは結構平和でしたが、7合目を過ぎてからの直登はまるで壁。
おまけにここ何日かの気温と雨で雪の状態はシャーベット状でアイゼンもあまり意味無し。
嫌というほどキックステップの練習ができました。(^_^.)
同じようなペースで登っておられた昔のお嬢さん方はアイゼン、ピッケル無しでスイスイ。
キャリアの差でしょうか???
行きはヨイヨイ帰りはめちゃ怖い。半分滑落しながら一気に尻セードで下る。
3合目からはスノシューに履き替えるが雪質最悪であまり楽ではなかった。
次は釈迦岳あたり?

往路は3時間半かかり、復路は1.5時間でした。

[2010/02/14 19:25 ] | ヤマ | コメント(3)
<<山と高原地図。 | ホーム | 一日早いですが。 >>
コメント
久しぶりにお邪魔の亀レスです。

伊吹山は、拙宅から鈴鹿山脈沿いに北上
して、1時間半程度の場所。
しかし、そこはドライブウェイで上がって終点
の駐車場から徒歩で山頂へ登るのであって
冬に麓から歩いて登るという発想自体が
ありません。

びぐるさんが、だんだん山伏に見えてきた。
[2010/02/20 14:08]| URL | 森 #- [ 編集 ]
おはようございます。

あの坂は心をバキバキに折ってくれます。

今日はカラダがバキバキです。(^_^.)
[2010/02/15 10:19]| URL | び #x6YPk.I. [ 編集 ]
お疲れ様でした。

冬道って直登がメインになるので大変だったと思います。夏道の3倍は疲れませんでしたか。

もうどこでも歩けますよ。
[2010/02/15 08:34]| URL | ほーいち #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。