スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
タイヤ&クーラント交換など。
100307-1.jpg
タイヤ&チューブ前後&クーラント交換など(10863k)
先日のパンクから復活させるため、天気の悪いこの週末に色々メンテしました。
100307-2.jpg
タイヤ K860前後。
CRMは特殊なサイズなので、選択肢は公道走行用では実質ダンロップのK860のみになります。
価格はネットで前後6300円。いかに自転車のタイヤが高いかですね。(^_^.)

早速外してみると、バルブホールからの水の浸入でしょうか、アルミが腐食して・・・
100307-3.jpg
リヤホイール。エライことに。
仕方ないのでペーパーあてて、布ガムテープ二周貼りします。
で、今回導入したのが・・・
100307-4.jpg
ビードストッパー。
オフ走行時に空気圧を目一杯下げて走行する場合、ビードが外れてチューブが引きずられて裂け
パンクする場合があります。これはそれを防止するためにリムにビードを押し付けるモノです。
重さは結構ありますので静的バランスは崩れるでしょうが、所詮オフ車なので無問題です。
ちなみに使い方は違いますが、2つ付けるとパンクしてもそこそこ走れるランフラットタイヤのように
なるそうです。
100307-5.jpg
新旧タイヤ。サイズが一回り違います。
次の日は夏に向けてクーラント交換。
100307-6.jpg
カラダに激悪そうな蛍光色。
ホームセンターで激安クーラント(2L 580円)
100307-7.jpg
汚い色ですが、乳化はしていないのでOILラインへの混入はなさそう。
ホースで上からじゃぶじゃぶ注いで経路を洗い流す。ドレーンを元通り閉めたらクーラントを口元まで
注ぎ、エンジンをかけてスナッピング。サーモスタットを開けてエア抜きしてさらに更に注ぐ。
リザーブタンクのクーラントもスポイトで抜いたら新しいクーラントをアッパーライン下まで注ぐ。
100307-8.jpg
最後に試乗したら、タイヤ交換が劇的変化をもたらす!
まるで違うバイクのようにコーナーが楽しい。腰砕け感がなく、しっかりサスで曲がる感覚です。
もっと早く変えておくべくやった・・。

次回はブレーキフィールド交換か。でもワンマンブリーダー持ってないなぁ。軍曹に借りるか・・・。
[2010/03/07 13:01 ] | たんしゃ | コメント(0)
<<夏タイヤに。 | ホーム | 月ヶ瀬梅渓ツーリング。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。