スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
霊仙山ハイク
100403-1.jpg
福寿草が見ごろでした。
仕事もひと段落したので、今日は鈴鹿山系の北端にある霊仙山に登ることにします。
コースは榑ガ畑道から西南尾根道にて戻るほぼループコース。
メジャーとは逆周りとなります。
福寿草ののでかなりのハイカーが来るのは予想できましたので早めの0600に
自宅を出発、0750には駐車場に到着しましたがすでにかなりの台数が・・・
なんとかねじ込んで0800出発。なだらかに登って行き20分ほどで汗ふき峠へ。
コース事体はそれほどキツくは無いのですが、雪解けで道はぬかるみ・・・。
今日は終始このマッディーで滑りやすいコースに手こずりました。
一時間ほど滑りやすい足元に気をつけながら登るとだんだんこの山の特徴である
カルスト台地の石灰岩がにょきにょきと。それでも滑らないだけまだマシです。
で、往路のハイライト、お虎ガ池に到着。池には氷がはってました。
100403-2.jpg
お虎ガ池
そのまましばらく登っていくと、一つ目のピーク、経塚山(北霊仙)に到着。
360度の展望が得られます。
100403-3.jpg
経塚山山頂
100403-4.jpg

雪渓の上が霊仙山頂
一旦下って上り返すと霊仙山頂(三角点)に
100403-5.jpg
霊仙山頂(三角点)
で、霊仙最高点にはまた一旦下って上り返したところにあります。
100403-6.jpg
霊仙最高点。こちらもすばらしい展望。
ここで小休止。で、今回のメインコースである復路の西南尾根に向かいます。
100403-7.jpg
西南尾根。なかなか険しそうですが・・・
100403-8.jpg
実際険しいです。
この西南尾根、石灰岩の岩場の尾根で合間合間に鮮やかな黄色の福寿草が群生していて
まるで日本ではないような錯覚に陥ります。なかなか歩き応えのある尾根道です。
100403-9.jpg
所々福寿草が群生しています。
・・・が、ここまでは良かったのです。
少し風が出てきたなと思ったら、あっという間に雪が舞う吹雪に。横殴りの雪に顔も痛く
おまけに岩場を過ぎたらヌルヌルのぬかるみ地獄。
100403-10.jpg
あっという間にガスがかかって吹雪いてきました。
尾根なので逃げ道もないのでひたすら行くしかありません。まるで行でした。(^_^.)
ひたすらすすんでなんとか尾根からそれたところで小休止。山の天候は変わりやすいというのを
実感させられました。
なんとか汗ふき峠まで登り返して山小屋かなやに逃げ込み、美味しいコーシーを頂き岐帰途につきました。
100403-11.jpg
ドリップコーヒー250円でしあわせ~。
すっかりドロドロになってしまい、後片付けが大変でした。(^_^.)


[2010/04/03 21:37 ] | ヤマ | コメント(2)
<<水漏れ修理。 | ホーム | あと少し。>>
コメント
この時期は特にそうみたいですね。
下では暖かく良い天気でも稜線に出ると・・・
フードが欲しかった一日でした。
[2010/04/04 10:51]| URL | び #x6YPk.I. [ 編集 ]
お疲れ様です!
やはり山の天気は変わりやすいんですね~。

[2010/04/04 05:58]| URL | あだち #JZ2AL5Xs [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。